\Rakuten UN-LIMITを契約/

iPhone12とiPhone12Proが登場!買い換えに向けておすすめ機種を解説

iPhone12とiPhone12Pro

2020年10月14日のApple EventでiPhoneの2020年モデルが発表されました。

おおむね事前に入手していた情報通りの機種が登場したものの、指紋認証は残念ながら搭載されませんでした。

新型iPhoneでは新機種として「iPhone12mini」が登場しました。

今回は、iPhone12とiPhone12Proシリーズのまとめとタイプ別のおすすめ機種を解説したいと思いますので早速見ていきましょう。

iPhone12とiPhone12Proの概要

2020年のネーミングは昨年のiPhone11とiPhone11Proを踏襲するものになりました。

iPhone11の後継機種がiPhone12で、iPhone11Proの後継機種がiPhone12Proとなります。

iPhone12とiPhone12Proの画面サイズ

iPhone12とiPhone12Proの画面サイズ

iPhone12とiPhone12Proに使用されるチップはA14 Bionicです。

つまり基本的な性能に大きな差がつくことはありません。

画面はすべてOLED(有機EL)となり、サイズは次のとおりです。

機種 画面サイズ 解像度
iPhone12mini 5.4インチ 2340 x 1080
iPhone12 6.1インチ 2532 x 1170
iPhone12Pro 6.1インチ 2532 x 1170
iPhone12ProMax 6.7インチ 2778 x 1284

iPhone12とiPhone12Proは画面はもちろん本体サイズも同じなので、ほとんど見分けがつかないようになりました。

iPhone12とiPhone12Proの価格と発売日

AppleオンラインショップにおけるiPhone12シリーズとiPhone12Proシリーズの容量ごとの税別価格は次のとおりです。

64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone12mini 74800円 79800円 90800円
iPhone12 85800円 90800円 101800円
iPhone12Pro 106800円 117800円 139800円
iPhone12ProMax 117800円 128800円 150800円

一番安いiPhone12mini64GBが税別74800円で、一番高いiPhone12ProMaxが税別150800円になります。

iPhone12miniでもAndroidの格安機種やGooglePixelと比べてみると割高に感じます。

次に予約開始日と販売開始日です。

機種 予約開始日 販売開始日
iPhone12mini 2020年11月6日 2020年11月13日
iPhone12 2020年10月16日 2020年10月23日
iPhone12Pro 2020年10月16日 2020年10月23日
iPhone12ProMax 2020年11月6日 2020年11月13日

小さいiPhoneと大きいiPhoneの発売開始が11月になります。

[公式]iPhoneの予約はオンラインがおすすめ

⇒ソフトバンクオンラインショップ

⇒auオンラインショップ

タイプ別おすすめのiPhone

iPhoneの新ラインアップ

iPhone12シリーズとiPhone12Proシリーズの登場でiPhoneのラインアップは、「iPhoneSE」「iPhoneXR」「iPhone11」「iPhone12」「iPhone12Pro」へと整理されました。

iPhone歴10年の私が僭越ながら、タイプ別におすすめのiPhoneを紹介したいと思います。

初めてiPhoneを買う人

iPhone12またはiPhone12Proをおすすめします。

ベーシックなiPhoneなので扱いやすいサイズになっており、初めてiPhoneを使う方におすすめです。

基本性能に大きな差はないので、カメラに高機能を求める方はProを選ばれると満足できると思います。

逆にカメラ機能をそれほど求めないのであれば、iPhone12であれば優れたコストパフォーマンスを発揮してくれ、満足感を得ることができるでしょう。

とにかく小さいiPhoneがほしい人

2代目iPhoneSEが登場したものの、iPhone8と同じボディで初代iPhoneSEより大きくなったことで、一部ユーザーから歓迎されませんでした。

iPhone12miniは、初代iPhoneSEより若干大きいものの2代目iPhoneSEよりボディが小さいので、小型のiPhoneがほしい方におすすめです。

初代iPhoneSEの買い替え需要を一番満たせる機種であると私は思っています。

とにかく安くiPhoneを買いたい人

価格の安さだけで考えるとiPhoneSEに勝てる機種はありません。

iPhoneSEの価格は、64GBで税別44800円となっておりiPhone12miniより3万円も安くなっています。

安いながらも基本性能は2019年モデルのA13 Bionicを搭載しているので見劣りすることもありません。

TouchiDを使いたい人

iPhone12とiPhone12Proにはどちらも残念ながら指紋認証が搭載されませんでした。

したがってTouchiDを使いたい方はiPhoneSEが唯一の選択肢になります。

ただ、FaceiDでもマスクをつけたまま使えるようになっている感じがするので、アップデートを重ねていくとマスクありでも問題なく使えるようになるのではないかと期待しています。

大画面のiPhoneがほしい人

Androidでも最近の機種は大画面化が進んでいます。

iPhone12ProMaxは6.7インチの大画面なので、ゲームやネットで使っても満足できるのではないかと思います。

カメラ性能が高いiPhoneがほしい人

iPhone12Proシリーズでは、ナイトモードでもポートレートが撮影できるようになっており暗所性能がアップしています。

カメラ性能で言うと、iPhone12ProかiPhone12ProMaxのどちらかになりますけど、機能ではiPhone12ProMaxが優位になります。

iPhone12ProMaxでは、広角カメラに47%も大きいセンサーを搭載しているほか、新しい65mmの望遠カメラはポートレートを撮影するときにズームインをして被写体に近づけます。

静止画や動画を多く撮影する方は、iPhone12ProMaxの512GBがおすすめです。

[公式]iPhoneの予約はオンラインがおすすめ

⇒ソフトバンクオンラインショップ

⇒auオンラインショップ

まとめ

今回は、iPhone12とiPhone12Proが登場したことに合わせて、タイプ別におすすめのiPhoneを紹介しました。

iPhone12miniが登場したことで、2020年新型iPhoneのラインアップは隙がないものになりましたね。

iPhone12は、OLEDが搭載されたことでiPhone12Proの廉価版というものではなく、iPhone12が基本でiPhone12Proが高級版という印象を受けました。

iPhone12シリーズとiPhone12Proシリーズの予約開始まで、もう少しあるので、うれしい悩みを楽しみましょう。

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

[公式]iPhoneの予約はオンラインがおすすめ

⇒ソフトバンクオンラインショップ

⇒auオンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です